北国(きた)の故郷(ふろさと)後にして
右も左も 分からぬ俺が
鞄ひとつに 夢をつめ
始発列車の ベルを待つ
人生双六 振り出しは
上りホームの 山の駅

あれは二十才(はたち)の 春だった
都会の水に 慣れない暮らし
故郷(くに)へ帰れぬ この俺は
じっと我慢の 男意地
人生双六 入り口は
甘くなかった 修行みち

石の上にも 三年と
ことわざみたいな 職人気質
店主(おやじ)さんへの 恩返し
しつけ盛り付け 味を継ぐ
人生双六 振り出した
遠いあの日が 懐かしい

ど素人の作曲、編曲です。歌詞の事は良く解りません、
漢字が読めないし読めても意味が理解できませんです。

英語も極少しは読めるような事も有るんですが、意味はマッタク解りマセ・・・ン!

歌唱希望の方は下記へどうぞ!
0274−50−6005 本人が直接出ます。


電話占い
今日占い 昨日カウンター

めろ入り からおけ  楽譜  ビデオ

ファイル更新日11.11.10(木)楽曲変更あり

唄: えきひと         HP
唄: ゆきね          HP
唄: 京aya鈴         HP
唄: ゆたか          HP
唄: 越中まいど       HP
唄: 演歌 男宿       HP
唄: 山田 さだし       HP    vc
唄: 小林 進         HP
唄: 榛名津あき        HP    vc
唄: 橋永いさむ       HP
唄: 群馬のおやじ      HP

歌唱希望、キーの変更はここへ


 作詞:黒澤 あきら
 作曲:市川 龍之介
 編曲:市川 龍之介 
   掲示板

♪人生双六
掲載日11/11/10(木曜日)